≫ EDIT

2018/3/14

今年も残り10ヶ月切った事にビビる。

ここ2~3ヶ月でやった・やってるゲーム達。

■ロンド・リーフレット
正月休みにフルコンプした記憶が。
久しぶりのエロゲでしたが優しいお話と癒される大槍絵で
疲れた身体に丁度良かったです。
主人公もフルボイスで良い声でした。
全体的には普通って感じです。


■スチームプリズン(Vita版)
これまた久しぶりにガッツリ乙女ゲーム。
・主人公が個性的  ・掛け合いが笑える ・好きな声優さんがいる
私が乙女ゲームで重視する条件とびったんこで楽しいです。
笑えると書いたけれど何気に暴力描写が多いし、攻略キャラ含め登場人物達が
容赦なく死ぬCERO:Dっぷりです。もちろんBADは主人公も死ぬしな。
そんな主人公のキルスさんが正義バカで真っ直ぐで不器用な騎士様で可愛いし
攻略キャラ達も不快な殿方がいないので読み易いです。
キャスト陣が歌っているOP曲が良い曲なのでフルVerが欲しいのですが、
CDがなんかのイベント限定とかでしか発売されなかったようでちょっと泣いた。
マイナーなのでしょうかね。まだ残り1ルートあるけど既にお気に入り。


■DQ11(3DS版)
無性にレベル上げを黙々としたくなって久しぶりのドラクエワールド。
たーのーしーいー
レベル上げ楽しい。鍛冶楽しい。2D懐かしい。
途中から話が気になり過ぎてレベル上げが疎かになってしまったのだけれども
2Dと3Dを慌ただしく切替えながら遊んでます。
あと、前回遊んだDQ9が仲間無個性だった為の反動か、
今作の仲間達がいいキャラばかりで尊いです。
特にベロニカとカミュがお気に入りです。
終盤のとある展開に、冒険の書が消えた以来のショックを受けてしまい(おぅ…)
そっから止まっているのですが、そろそろ再開しようと思ってます。

| ■雑記 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017 まとめ

ちょっぴりやっつけ感があるけれど(あはは)何とか書き終わったー。

2017年の統括です。

++18禁++
・喪失郷
・らくえん ~あいかわらずなぼく。の場合~

++乙女ゲーム(18禁含む)++
・PersonA ~オペラ座の怪人~
・灰鷹のサイケデリカ
・レンドフルール
・樟屋敷の物語 ~秘密のお帳面~
・花咲くまにまに
・下天の華 with 夢灯り 愛蔵版

++全年齢++
・うたわれるもの 偽りの仮面
・うたわれるもの 二人の白皇
・ファタモルガーナの館 -COLLECTED EDITION-
・ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期




かつてここまで年間プレイ本数が少なかった事があっただろうか、いやない。

エロゲがわずか2本でちょっと笑ってしまったのですが
日々の疲労でベッドの中で遊べるVitaばかりやっていたら
乙女ゲームと一般ゲーが増えちまったようです。

一番面白かったのはもちろん「ファタモルガーナの館」です。断トツ。
設定資料集?「THE BOOK -呪われた館への道標-」もDL版のを買ったし
サントラもサウンドドラマCD3作も買ったし、ファミマのSS集みたいなのも買った。
ノベルゲー好きにはぜひ読んでもらいたい、むしろ義務教育!と久しぶりに思った作品でした。
あと「灰鷹のサイケデリカ」もとても面白かったです。
灰鷹は、とっくに更新していると思っていた感想記事がまさかの非公開状態で見つかったので
(日付が昨年の3月だったわ)今度「公開」のボタンを押そうと思ってます。

毎年願う事だけれど、今年も面白い作品に出会えますよーに!
仕事がラクになりますよーに!(新規)

以下、2017年プレイ済み作品の一言感想
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≫ Read More

| 上・下半期まとめ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018/1/10

明けましておめでとうございます。

出張が終わる5月まではあまり更新できないと思いますが
今年も宜しくお願い致します。

2017年の統括は、もう(書かなくて)いいかなー時間ないなーとか思っていましたが
1月中には更新したいです。たぶん。

年末年始休暇と三連休で体力回復するはずだったのに、
疲れがたまると腫れてしまう扁桃腺がプックリしている謎。
痛い。

| ■雑記 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017/11/3

経理が殺気立つ月末の締めが終わり一時の休息。

…だったのに、海外に嫁いだ親友が2年振りに帰省してきて慌しくなりそう。
いやもうすでに慌しいんだけれど、子供嫌いの私が幼女(親友の娘ちゃん)と一緒に
キャッキャッする体験が初めてでちょっと楽しいです。
人見知りしない子なのでホント可愛い。
むしろ最初は私の方が3歳児に人見知りしてたわ 笑

もひとつ。11月11日から2泊3日で沖縄に行ってきます。グラロデのライブで。
昨年あたりから、さすがに遠征はもう止めとこうとリア友と話していたんだけれど
私が沖縄に行った事がないと言ったら、あれやこれやでライブに参加する事になりました。
昔から観光とか景色とかご当地グルメに無関心・無興味で何かが欠けているとよく言われていた私ですが沖縄はさすがに楽しみです。何も欠けてないしな。
多分、1回言ったら二度と行かないと思うので(飛行機怖い)ライブだけじゃなくて旅行自体も楽しもうと、何より弊社の本決算も11月という事は忘れて楽しもうと思ってます。

あと、ゲームの事とか。

■下天の華Vita版を始めて結構前に終わった
リア友が貸してくれました。オススメだそうで。
その前にやっていた乙女ゲーが「花まに」だったので、時代物が苦手ってお前ウソだろ
って感じなんだが、本当に苦手なんです
ただ、そんな私のことをよく知っているリア友がごり押ししてくれる
時代物の乙女ゲーってハズレがないもんで。
「遙か3」でしょ、主人公イラっとしたけど「薄桜鬼」でしょ、国が違うけど「恋戦記」でしょ、
そして、何より「二世の契り」でしょ。
「下天」ももちろん面白かったです。本編は私でも知っている史実ならではこそのミスリードがあって1周目は普通にやられたしどのキャラの恋愛イベントもさっすがだなー、押さえてるなーと感心しました。
萌えもあったし漢として普通に格好良い奴らばかりで安心して遊べる乙女ゲームでした。
本編は師匠と信行様、FDは師匠と秀吉と官兵衛ルートが好きでした。
つまりは師匠好きだー!って事です。


■ロンド・リーフレット始めてみた
平日にプレイすると最初の5分で寝落ちする事を3日間繰り返してしまったので
睡眠をたっぷり取った休日に改めて読んでみたらサクサク進んでます。
特に日常シーンが楽しいのは嬉しいです。
お風呂でバッタリなシーンまで進んだのですが、大槍絵でヒロインのおっぱいが大きいと
「違うだろーーー!!」と机をダンダンと叩いてしまう現象に誰か名前を付けて欲しい。
今んとこロビネッタとニナが好きです。


■癒しを求めて三千円
もうね、毎日毎日仕事でクッタクタで「家に帰ったらひたすら眠るだけだから」な
「WOW WAR TONIGHT」の歌詞が身に染みるこの数ヶ月(22年前の曲って事にビビる)
何でもいいから我に癒しを!癒しを我に!
…っと、シチュエーショCDに手を出してみました。
実はかなーり昔にリア友から貰ったのを聴いた事があり(タイトル忘れた)私の性に合わなかったんでしょうね。耐えられずにトラック2ぐらいで止めてしまい、それ以来苦手なジャンルになってしまい手を出していなかったのだけれども、心身共に疲れている今なら癒せてもらえるかなと。
右も左も分からない世界だったのでネットで情報収集したのですが
シチュCDって羊を数えたり励まされたりツンデレでカルタを読むだけじゃなくて
ちゃんとストーリーのある作品もあるのですね。知らなかったわ。
とりえあえずあらすじを読んでときめいた作品、これが4部作だったので三千円では終わらなかったのですが残業&出張代で稼いだ金に物を言わせ4枚一気に大人買いしてみました。
このシリーズなんだが。


 >桜の花びら握りつぶし系男子


「祟り」とか書いてますね。>癒しどこ行った


| ■雑記 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017/9/24

結構前だけど、Vita版「ファタモルガーナの館」トロコンしました。
本編、FD、SS、現代編とボリュームたっぷりで読了するまで
30~35時間ぐらいかかったと思います。面白かった!

本編:8点
FD:10点
現代編:7点

お気に入り度はそれぞれこんな感じで全体で9点。

きっちりまとまっていたのにも関わらず中だるみと某2人が気になって消化不良が残った本編だったけれど、それを吹き飛ばしてくれたFDは満点。めちゃめちゃ良かった。
現代編も、もちろん面白かったけれど、さすがに蛇足だと感じてしまったかなー。
絵の変化と30時間近くボイスなしだった登場人物達に突然声が付いたことの違和感があったし(まあ途中で慣れたけど)特に声は豪華キャストだけれどもイメージと違うキャラもいた。
個人的にはネリーとポーリーンが合ってました。すわべヤポコはもちろんさ。

音楽もボーカル曲が頻繁に流れて主張してくるんだけれど
話も負けてないもんで邪魔にならず良い相乗効果だったなと。
音楽鑑賞で、ボーカル曲の歌詞が表示されるのは二重の意味で感動した。
テキストも読みやすかったし終始ドシリアスの中にも「ミシェル」と「ジゼル」の掛け合いは面白くて、ヤポコと「モルガーナ」の憎まれ口の叩き合いはニヤニヤするやらもどかしいやらと楽しめました。

つーかね、泣いた!4回も泣いた!
歳と共に涙もろくなるどころか涙腺が締まってきていた私のくせにびっくりしたわ。
まあ人の子だもんで今までも感動したりウルっとしたりはあるけど
ゲームしながら涙がツーと流れたのは何年振りだよ。
ファタモルが俺の枯れた涙を呼び戻したわ!!ラオウばりに叫んでみる。

ちなみに泣いたのはFDとSS。
FDメインエピソード → Fragment → SS「あなたと私の故郷」 
ここの流れ最強 涙ダーダー流れたぜ。
この余韻のまま終わりたかったからこそ、その後の現代編が邪魔だったのはあるかな。
まあ現代編は現代編で萌えたけど!

好きなキャラは「モルガーナ」とヤコポ。なんだけれどあれだけ多くの登場人物がいてストレス製造機になるキャラがいなかったのがこれまた凄い。
とんでもない女だった「エメ」も嫌いじゃなかった 笑

キャラの名前ですらネタバレになる恐るべし作品なのだけど
4年前の作品だから堂々と書いてもいいのだろうか。
んが、私は未だアーチャーの真名を伏せるぐらいなので止めとく。

| ■雑記 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT