PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花咲くまにまに



以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイムスリップ物苦手、歴史物超苦手、それ以上に保志さんが好き。
ってことで、DL版を5pdのウインターセール(嬉しい75%OFF)の時に買ってみました。
夏休みの5連休で一気プレイ。

えー、私が幕末に興味ないことを差っ引いても、微妙だった。
フィクションだと分かっているのに「ねーよ!」と突っ込んでしまいがちな
「特遊郭」という特殊な設定。
身体は売らずに酒と話と芸事だけの店、でも吉原より給料いいよ!って、んなアホな。
銀座の高級クラブみたいな感じなのでしょうか、それならそれで一回「女帝」読んで来い。

主人公の七緒も無理だった。
七緒自身が悪い訳ではなく徹頭徹尾、七緒マンセーな世界にうんざりすること山の如し。
いくら爺ちゃんから習っていたとはいえ、ド素人が立てたお茶は絶賛され、たいしたトーク力もないのにお得意様には誉められ、お前はいずれビッグ(花魁)になれるd(∀) グッともてはやされ、平凡もしくはそれ以下な接客態度で気に入られ、つたない琴を披露しても一生懸命さが伝わるからオーケー!…って、一回「女帝(全24巻)」読んで来い。
まあ、ホステス(昭和風)経験のある知り合いの姉ちゃんが「お客さんによっては口下手で素人っぽい女の子の方が受ける」って言っていた事を思い出したけれど、それでも主人公に都合が良すぎるチョロイ優しい世界には辟易してもうた。

でも、私はいまいちだったけれど恋愛イベントは豊富だし、共通も個別もそれなりのボリュームがある分、2人の距離が縮まっていく描写は丁寧で乙女ゲームとしては良かったのかなと。
スキップはめっちゃ早かったしミニゲームも2周目から飛ばせるのでストレスないしトロコンはし易かった。

突然だけれど、「七緒あるある」言いたい。
「もう、からかわないでください」ってセリフ言いがち。


以下、キャラ別簡易感想*ネタバレ




■辰義
沢尻ばりに「別に」が多い。
共通ルートのイベントで小さくデレを見せてくれて辰善の個別が楽しみだー♪と思っていたのに、個別に入り話が進めば進むほど嫌われていき、しまいにゃ「憎い」と言われる始末。
好感度とはなんぞや!?と男塾ばりに叫びたい。
ただ、へこたれずに辰義に話しかけ続ける紅緒は好感もてた。
安易な監禁ネタはあまり好きじゃないのだけれど、復讐心と紅緒への気持ちで心が
ぐちゃぐちゃになっている辰義は良かった。
「剣が君」といい、保志さんの復讐者の演技は好きです。
ベストエンドはかなり強引な展開でちょっとした茶番劇のように見えたので、
グッドの方が全然好き。
史実が関係のない復讐劇だったので、なんやかんやで一番楽しめたルート。


■宝良
金髪だったから、実は異人の血をひいているとか思っていたけれど
何の関係もなかった。ただのキャラデザでした、はい。
確かに白玖さんも薄い紫だったわ。
時代物でキャラの髪の色をカラフルにするのは止めて欲しいなー。
ワンコキャラはあまり得意じゃないけれど、宝良は結構好きでした。
実は兄弟だったけれど、互いに惹かれ合っていて…というベタベタな展開で
公式の「触れたいのに、触れられない 伝えたいのに、伝えられない」という
二人のもどかしさが一番色濃かったけれど、なんせ辰義ルートで血が繋がってないって事が
ネタバレされちゃっているので、あんまり入り込めなかった。
今作のベストエンドの中でも宝良ルートが一番「ベスト」って感じでお気に入り。
CGの七緒の笑顔が本当に幸せそうで、なにより成長した「とた」に落ちた。
皆川さんの低音ボイスいい!とたルート欲しかったなー。


■和助
村の青年Aのようなキャラデザにモテるって設定がピンと来なかったし
性格も男前というより、すけこましな印象が…。
口付け未遂を二度もやって「忘れてくれ」ってのは、ちょっとあんた。
高杉だもんで、史実が絡む話なのでちょっと退屈だった。だから日本史は不得意だと(涙)
どれぐらい無知かというと、労咳で死ぬのも知らなかったぐらい。
和助もグッドのが好き。べストの現代お持ち帰りは、医療費はどうしたのかとか
保険証とか戸籍や住民票やらいろいろ気になりがち。


■白玖
物凄く萌えるキャラなんだろうが、あんまり嵌れなかった。
櫻井ボイスはそれはもう堪能させて頂き鼻息も荒くなったけれど
話に史実が絡むからだろうか。
あと、もっと高低差の激しいツンデレが好みかな。
白玖もグッドの生まれ変わりエンドの方がお気に入り。
ベストは、辰善のベストエンド同様に都合が良すぎるというか
大尽がアホすぎて、茶番劇にしか見えん。
今作のベストエンドって微妙なのが多いかな。


■倉間
反物やら櫛やらいろいろ貢いでくれる人。
彼の正体も目的も他ルートで全部しゃべってくれるので
あんまりワクワク感がなかったというか。
つーか、いくら両親を知らない七緒が寂しそうだったからといって
何の承諾もえずに江戸に連れてきて、終いにゃ現代に戻るんだ!
…とかなかなか勝手だなあと。
ベストエンドの「実は生きてました」ってのが軽い感じだったのはワロタ。
キャラデザは一番好みでした。黒髪わっしょい。

| 乙女ゲーム | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT