PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016 まとめ

明けましておめでとうございます。

年末に間に合わなかった昨年の統括です。
太字は下半期にプレイしたもの。

++18禁++
・the Black Box
・BALDR SKY Dive1 LostMemory
・BALDR SKY Dive2 RECORDARE
・BALDR FORCE EXE DVD-ROM版
・Silhouette
・Re:
・腐り姫
・仰せのままに★ご主人様!
・夏ノ鎖


++乙女ゲーム++
・NORN9 VAR COMMONS
・ひめひび -Princess Days- ぽーたぶる
・ARMEN NOIR portable
・OZMAFIA!!-vivace-
・魔性眼鏡
・月華繚乱ROMANCE
・Code:Realize ~創世の姫君~
・SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~


++BLゲーム++
・Room No.9

++全年齢&RPG++
・テイルズ オブ エクシリア
・NieR Replicant
・Memories Off
・HEAVY RAIN 心の軋むとき
・テイルズ オブ ヴェスペリア
・テイルズ オブ エクシリア2



1年を振り返ってみるとめっちゃボタン押してた
バルドシリーズ3本、テイルズシリーズ3本、ニーアにヘビーレイン。
ゲームをするのに体力を使った1年でした。

2016年にプレイした作品で一番面白かったのは、まさかの「テイルズ オブ エクシリア2」。
テイルズは初めてデスティニーをプレイして以来、1作目のファンタジアからアビスまで8本、PS3のエクシリアとヴィスペリア。
11本目にして今更このシリーズで切なくなったり泣きそうになったり
エンディング後に余韻を引きずったりするなんて誰が思いますか!
初めてテイルズシリーズで公式設定資料集を買うぐらい嵌ってしまったよ。
クリアしたのでプレイ済みに入れたけれど、まだやり込み+2周目があるので
今年も引き続き遊びます。

同じくらい楽しんだのがアニメだけれど「91days」。
たまーに作画が崩れていた回はあったけれど1話から最終話、全部面白かった。
復讐とマフィア物は好きなので最初から期待は大きかったけれど
その期待を軽く上回ってました。好きなアニメのトップ3に入ったよ。

偶然にも嵌った二作品の主人公CVが近藤隆さんって事で、現在空前の隆・近藤ブームが到来しており今年は近藤さんが出演している作品をいっぱいプレイしたいなあと思ってます。
あと、大石恵三さんの出演している作品も。

すでに、大石さんがメインヒーローってだけでポチった18禁乙女ゲー
「PersonA~オペラ座の怪人」があるので近々やりたいです。
昔、劇団四季で観に行って寝ちゃったぐらい興味のない題材なんだけれど
大丈夫だろうか…。

何はともあれ今年も面白い作品に出会えますよーに。

以下、2016年プレイ済み作品の一言感想
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

++18禁++

腐り姫腐り姫

Liar-Soft 2002-02-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

エロゲ歴もそろそろ10年近くなるというのに、やっとLiarデビュー。
ループ物ならではの話を繰り返すストレスが一切なく雰囲気はもちろん
18禁ならではの題材も好みで、テキストも読み易く言う事なし。
ただ内容が複雑すぎてきちんと理解出来ていないだけ。



仰せのままに★ご主人様!仰せのままに★ご主人様!

桜月 2005-11-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昔見た「主人公が格好良いエロゲランキング」みたいな動画でランクインしていたので
プレイしてみたけれど、本当に素敵な主人公だった。
序盤はムカつくらしいと聞いていたけれど、そんな事はない。
愛すべき馬鹿でめっちゃ笑えた。
正直ルートによってはクソみたいなシナリオはあったしハーレムルートで全ヒロイン「ずっと娘として育てていた野乃花」にまで手を出すのは引いたけれどヒロイン全員に好感が持てたし
日常シーンが楽しかったのでオールオーケー。
一番好きだったのは、まさかの男装キャラかなたルート。
大笑いしたし、唯一過去がヘビーで面白かった。



夏ノ鎖夏ノ鎖

CLOCKUP 2016-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

実際に監禁する人の心理ってこうなんだろうなと思ってしまうぐらい
監禁描写にリアリティが感じられた。
浣腸やらう○こやらヴァイオリンやらドン引きさせるだけさせておいて
エンディングで余韻を残し最終的に「いい作品だったなあー」と
思ってしまうのが毎度悔しい。



++乙女ゲーム++


主人公は最終章しかボイスがない(重要)
評価が高い割にはシナリオ薄くね?主人公の頭弱くね?と思ってしまったけれど
地の文が3人称・三角関係・男乗り換えと好きな設定が多かったのは良かった。
カラミアの演技が素晴らしかったので、新垣さん好きならプレイして損なし。



魔性眼鏡魔性眼鏡

PIL-VAMP 2016-07-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

心は抉られないけれど、乙女ゲームにしてはグロ描写を攻めていたし
3人のどのルートもそれなりに楽しめた気がする。
王子様が放置プレイで謎のまま終わるのは頂けない。




久しぶりに声優の演技以外が全て合わなかった乙女ゲー。萌えも皆無。
BWSの感想を読みに回っていた時にやたら「侘助」「侘助」と挙げられていたので
プレイしてみたけれど特に真新しさもない普通のヤンデレ兄ちゃんだった。
他の攻略キャラもヤンデレではなく精神年齢が9歳児並のくそガキだし、
主人公も主人公で頭の良い設定のはずがただのアホ。
勉強が出来るのと女性として賢いのは別なんだと改めて思った。




ヴァンルート以外は嵌れなかったけれど評価が高いだけありシナリオはまとまっているし
絵もきれいだし全体的な出来は悪くないのでは。
何かに突出した内容を求めるならアレだけどオーソドックスに楽しむのなら
いいんでないかと思う。
ルパンルートのロックを外す演出はお気に入り。




TAKUYOさんのシリアスなダークファンタジー。
歪んでいる人が集められただけあり、どいつもこいつも個性的で脇役までもアクの強さが際立っているが、一番癖が強いのが自己愛の化け物(褒)である主人公のザクちゃん様ってのが素晴らしい。
そんなザクちゃん様はどのルートも「スイクラになる」「弟」と、同じ事で悩んでいるので
2周・3周する内にだらけてきたけれど、まあこればっかりはしょうがない。
そんな濃い面子で一番印象に残ったのは密原君で、私には密原ゲーだった。
萌えが攻略キャラではなくクランとラズ(ぬいぐるみ)から得られるってのもなんか素敵。
キャストはみんなお上手だったが、密原役の豊永くんや久世役のマイブーム声優・内田君に乾杯。
全エンドを見たのにトロフィーが13%だったので何かのバグかと思ったら
物語の邪魔をしないよう「シナリオ再生」からしか取得できない仕様になっていて
100%にするのが非常に面倒だった。
ただ、トロフィーそれぞれのコメントがTAKUYOさんらしく遊んでいて笑えた。
日之世のキャラやちょっとしたキャラ同士の掛け合いが楽しかった事もあり
シリアスもいいが、そろそろハイテンションなギャグ物が来て欲しいなー。
好きなルートは密原と真相ルート。面白いよ!



++BLゲーム++

Room No.9Room No.9

パレード 2016-09-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あらすじだけだと100点満点。
登場人物2人・密室劇。
…な、こじんまりとした狭い世界の話って好き。
二人共「ノンケ」って設定なのだけれど、大地の地の文を読んでると
普通にホモじゃんと思ってしまった。BLゲーだからいいけどさ。
危惧していたエロシーンは「課題」って事で、段々ハードになっていくので
私自身も麻痺してきて結構平気だった。
むしろ最初の1~3回が一番ドキドキしていた気がする 笑
エロは濃いが、グロ?痛いシーンがしょぼかったのは期待外れ。
「夏の鎖」でイケボだった誠二役の刺草ネトルさんがこれまた晋ちゃんと違うイケボっぷりだったので調べてみたら18禁の名義をもう一つ持っているらしくて「魔性眼鏡」にも出演していてびっくらこいた。確かにピーチもイケボだったな!



++全年齢++


今やると彩花の演技やシナリオが厳しかったけれど、すでに恋人が亡くなっていたり
彼氏っぽい存在がいるヒロインがいたりして設定的には好みだった。
KIDなのでシステムは使いやすかったし、LeMUで聴いても違和感のないBGMが流れるし
システム音も含め、初めてのメモオフなのになんだか懐かしい気持ちになった。




4人の主人公を操作しながら謎に迫っていくミステリアドベンチャー。
だけれども、歩くのはもちろん物を持ったり窓を開けたりするのに
いちいち操作をしないといけないので非常に面倒臭かった。
操作性の悪さを含め既読スキップもないしでシステムは微妙。
謎のまま終わったりオチに突っ込み所があってすっきりしなかったけれど
海外ドラマを観ているようで緊張感が半端ないシーンもあり全体的には楽しめた。




めちゃめちゃ評価が高いテイルズだったけれど私には合わなかった。
途中までは、かなり楽しめたのだけれど中盤以降はダーラダラ。
ヒロインが受け付けなかったのが一番の理由だけれど、バトルを含めて
なぜにあそこまで評判が良いのか不思議なまま終わってしまった。
ただ、ユーリのキャラは歴代のテイルズ主人公にいないダークヒーローな
タイプで良かったし、人気があるのも頷ける。




1の話が微妙だったし、リア友から「ヒロインが幼女」「借金返済システムがある」
と聞いていたので、プレイ前から億劫だったけれど面白かったー!
エル(8歳児)は超可愛かったし、借金返済もめちゃくちゃ楽しかった。
2からの新規キャラの掘り下げ不足やルドガーに入れ込み過ぎて1のキャラ共に
イラッとしてしまったけれど、そんな事はどうでもいい。
ルドガーがしゃべらない事が一番のマイナス要素。



ヴェスペリアとエクシリア2は個別に感想を書いているので
またいつか更新しようと思ってます。
どうでもいい話だけれど、テイルズシリーズに「TOE」「TOX」「TOR」といった略称があるのは知っているけれど英語に弱い私はパッと見、何が何だか分からなくて脳内変換に時間がかかるので(Eってなんだ?エクシリア?Rって何…ってまとめ記事を読んでていつも思う)私自身の混乱を防ぐ為、毎回エターニア・エクシリア・リバースって書くようにしてます。
…というか、調べるのが面倒だったりもする!

ではでは、今年も宜しくお願い致します。

| 上・下半期まとめ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。