PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ひめひび -Princess Days- ぽーたぶる



以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

男子校に女子1人って設定は嫌いなんだがTAKUYOなのでやってみました。

くそ長い共通ルート、やたらめったら多い選択肢、うっすいシナリオ、
微妙な恋愛描写と、私がよく知る一昔前のTAKUYO作品なのだけれど
過去作品のようにそれらを許せる程のギャグも萌えもなく
あんまり面白くなかった…ような…。
続編が発売されてるって事はそれなりに人気作品なのかもしれないが
私が今までプレイしたTAKUYO作品の中では最下位かなあ。

ただでさえ長い共通ルートの先に待っているのは攻略キャラ2人のペア共通ルートで
本当の意味での個別ルートなんて微々たるもん。
2周目プレイ時に個別に入るのが2時間近くかかったのにも関わらず
その後の個別ルートを15分で読み終えた時にはさすがに崩れ落ちた。

さらに諸悪の根源であるシステム。
データインストールがないもんで、立ち絵やシーンが変わる度にシャーシャーシャーシャー
既読スキップは押しっ放し&激遅(一番の罪)でギクシャクギクシャク、ストレスが半端ない。
ミニゲームも飛ばせないから共通ルートの既読が2時間かかるんだよ!2時間!
いや確かに「Little Aid」と同じようなファッキンシステムなんだけれど
ほれ、リトエイは最高のギャグゲーだから。

いちおTAKUYOらしいテンションの高い脇キャラがいるけれど
やっぱこういうキャラって突っ込みしてくれる相方がいるから映えるもんで
一人で騒がれても浮いてる感じの方が強かった。
顕くんは天鳳高校へGO!

ただ、主人公の恋が勝気ではっきりと物を言うタイプなので気持ち良かったし
ケンカップルが好きなので共通ルートでもギャーギャー言い合うシーンが
多かったのは楽しかった。
それでも恋のような性格のヒロインが好きな私ですら、これは強気とかじゃなくない?
って思ってしまった言動が何度かあったので、嫌われるのも分かるかな。
それに加えて男子校であの露出の高い私服だもんな。
ちなみにデフォ名呼びがないので、恋(こい)なのか恋(れん)なのかいまだミステリー。
いちお私は「れん」って読んでたけれど。

個人的には「スカートを履いた男子」って台詞や林斗先生のCGの
後ろの黒板にはま子の変化する過程が書かれていたりと
リトエイネタがあったのは嬉しかった。

2学期は主人公ちゃんの性格が大人しいらしいので、よりやる気がなくなったんだけれど
TAKUYO作品コンプリートを目指していつかやれたらいいなー。


以下、キャラ別感想*ネタバレ




■雅哉
エリート男子校だと言うのに「許婚」の意味を知らないのはアレだけど
恋とは似たもの同士でお似合いだと思う。よっちんの声のトーンや演技も良かった。
「なによ!」「なんだと!」な口喧嘩に最初は引いていたモブ達だったけれど、
「いつものやつが始まった」と、リアクションが変化するのは微笑ましかった。
特に大きなイベントもなかったのにいつの間にか恋の事を好きになっていたので
デレが唐突に感じてしまったけれど、実は日々の口喧嘩こそが雅哉にとって
楽しかったってのは盲点だった。
最後の「やっと俺を呼んだな」の登場もメインヒーローらしくて良かったし
兄ちゃんルートでも格好良かったので最初から最後まで一番お気に入りのキャラだった。


■尚仁先輩
天然なふわふわお兄ちゃん。
ハマケンさんのこういう演技は初めて聞いたけどやっぱり上手いよなー。
NEW GAMEを押した瞬間から恋が恋している先輩なので
恋愛描写は自然で特に問題なかったかな。
ただ、個別に入った瞬間に尚仁先輩がヘタレたのでちょっとイラっとした。
共通ルートではその天然っぷりと弟大好きな先輩に恋と一緒に癒されたけどね。


■大和
いわゆる敵対ポジジョンなのだけれど、恋愛描写は一番丁寧なように感じた。
話的には雅哉ルートと同じぐらい楽しめたかも。
壇上でしかも全校生徒の前での告白は「ないわー」とドン引きしたけれど
エピローグの「ようこそ、天城寺学園へ」で盛り返した。いい台詞だ。


■光
ショタが苦手なので脇キャラだと問題ないけど攻略キャラだと萌えがない。
孤児の設定も特に活かされていなかったし、恋の護衛に一生懸命なのはいいが
一生懸命になりすぎて融通が効かないのがちょっと邪魔くさかった。
まあ子供だしな。


■林斗先生
以前、TAKUYOスタッフブログで各作品の人気1位のキャラを羅列していて
「ひめひび」では林斗先生が人気投票1位だったけれど、
なぜにTAKUYO作品の教師ってこうも合わないんだろうか…
生徒に可愛いを連呼したりセクハラまがいのボディタッチをする教師ってホント無理。
それよりも「アノ日」なんだか知らないが、露骨に機嫌が悪い態度をとって
生徒に気を使わせるとか普通に最低で全く好きになれなかった。
石田さんの「そだね」の言い方が可愛くて演技も良かったけれど
私にはそれだけのキャラだったな。


■月元さん
月元ルートは恋が頑張ってた。
昔の恋人の事は気にしない、忘れなくていいと言い切った恋は格好良かったし
「めぞん一刻」っぽい告白もあって素直に良い子だなーと。
恋人を亡くしたトラウマ=3つのモードになるのは、もう全く全然意味が分からんが
寮母モードのおねえ口調はぶっ飛んでいてTAKUYOさんらしい設定だなと思った。
ただ、サングラス装着な警備モードは一切喋らず頭をフルフルしたり肯くだけで
軽くイラっとする。人間なら会話しようぜ。

| 乙女ゲーム | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT