PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014/10/13

前記事を書いてから数日後、届いた「Electro Arms」をやってまして、
俺の本気を見よ!と一気に3人中2人を終わらせたのだけれど
グリカジのアニメが始まってもうた。

まとめサイトのタイトルとかでネタバレを目にしたくなかったので
一旦「Electro Arms」を放置してグリカジを先にやってます。

共通長すぎワロエナイ。

例えるなら終わらないワルツのようなものですわvなマリーメイア・クシュリナーダたんの名言を思い出したり、やってもやってもゴールが見えない共通ルートに発狂しそうになってみたり、耐え切れずに「グリザイアの果実 個別 いつから」でググったりと(個別は7月中旬からだって)紆余曲折あったけれど、共通が終わればなんとかなった。

今は みちる → 幸まで終わりました。
少しだけ感想。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

えー私は動物モノに弱くて弱くて、今までプレイしたエロゲで一番泣いたのが
「勝 あしたの雪之丞2」のボス(犬)のくだりと「あやかしびと」のネコマタのエピソードで
つまりは、みちるルートの猫ニャーが死ぬシーンなんて、絶対あかんやつなんだよ!
いや今までだったら我慢できたかもしれんけど、こちとら3ヶ月前に15年一緒だった犬ワンを亡くして絶賛ペットロス中なんじゃーーー(知ったこっちゃない)
そんなわけで、猫ニャーのシーンはうぉうぉうおう泣いて、つか、みちるがどうとかじゃなくて
愛犬を思い出して号泣して、泣きすぎて偏頭痛を起こすおもしろおかしい状態であー疲れた

猫ニャーの死が強烈すぎてそれ以降はサクっと読み進めてしまったのだけれど
みちるだけじゃなく心臓移植のドナーの女の子の話もあったので、
肝心のみちる自身の過去シーンは印象薄くなったかなー。詰め込みすぎじゃね?
ベタだけどシンプルに、ドナー=自殺した親友の子でも良かったんじゃないかと。
まーそれならそれで、私の事だから安直すぎるとか文句垂れてるだろうけど 笑

あと、最後が不満ダッラダラ。ドナーの女の子は消えとけよと。
母親に会えたら未練がなくなるんじゃねーのかと、舌打ちしたけれど
みちるがずっと可愛かったので、なんやかんやで楽しめたルートでした。
そもそも、みちるが好きだからこそ、「彼女」と共存したままエンドが嫌なんだろうな。

幸ルートは、幸があんまり好みじゃないってのもあるかもしれんが面白くなかったなぁ。
唐突な幼馴染展開に萎えたり、何より幸と両親の話がチープすぎてため息しか出なかった。
校舎爆破→幸が改心 なんて理解不能なんですけどー。
普通なら幼少の頃に雄二と会っていた設定はおいしいと思うはずなのに、それが特別に感じられなかったし、全体的になんか無理やり感があるというか、薄いと言うか、私にはイミフな展開ばかりで、その癖オルゴールとか最後の工場のシーンで感動させようとしてるのがまたイラっとした。動物モノに弱いが家族モノにはめっぽう厳しいよ、あたい。

この先は、マキナ → 由美子 → 天音 
推奨攻略順をググったら天音は最後がいいみたいなのでこの順番でいこうと思います。

| | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT