PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Blow ~満ちた月、欠けた月~


Blow ~満ちた月、欠けた月~Blow ~満ちた月、欠けた月~
()
ドット企画

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鬱ゲー好きには有名な作品ですね。
私自身も「鬱ゲー」でググって知ったので。

鬱ゲーだ。紛うことなき鬱ゲーだ。
システムが

昔の作品だとは知ってますが、それを差っ引いてもひどすぎる。
周回プレイの必要があるのに(エンディング10個)既読スキップなし。
マウスホイールでのテキスト送りが出来ない、
10周しないといけないのにコマンド総当たり
ディスクレス化だがBGMはCDを入れないと鳴らない
起動する度にメッセージスピードを最速にしないといけない
たまに落ちる

ってな感じでポンコツシステムにも程がある。
何度もくじけそうになったけれど、TRUE目指して頑張りました。

そんはシナリオは、まあ普通。
TRUEはまだしも、他ヒロインルートがなかなかのレベルで面白くない。
合間にレイプシーンはあるものの、全体的には文化祭の準備をメインとした
ただの学園物なので、ダルいったらありゃしない。
実際、寝落ちしたのは1度や2度じゃないです。

また、主人公と一緒に行動することが多い某ヒロインが鬱陶しい。
文化祭の出し物が決まらないあの辺りのイベントでもイライラしたし、
一人で行動すんなっつってるのに、あっちチョロチョロこっちチョロチョロ。うがー

肝心のTRUEエンドも確かに読み応えはあったけれど
ヒロインルートの途中であのー、犯人わかっちゃっ たんですけど

※以下、ネタバレ


上記のセリフで有名なドラマ「ケイゾク」をパロッてる映画が作品中に出てくるので
最初はライターさんのお遊びかと思っていたんだけれど、
進めていく内に「ケイゾク」はパロネタじゃなくてネタフリで、
となると、妹をレイプされた兄の復讐だろうなと。
当て嵌まりそうな男性キャラは担任曰く主人公と似ているらしい
廊下でぶつかった卒業生しかいないしなぁ。
ってな、感じで特に衝撃がなくて残念。
ただ今日子さんの彼氏も同人物なのは気付かなくておぉ!となりました。
エロ要因の為だけじゃなかったのね、今日子さん。

一番萎えたのは、洗脳。
超能力とか催眠とか洗脳ってのはなんでもアリな気がして苦手…。

そんな訳で一番の衝撃はTRUEではなく、冷蔵庫エンドでした。

| 18禁 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT