PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ef - a fairy tale of the two.

ef - a fairy tale of the two.(通常版)ef - a fairy tale of the two.(通常版)
(2010/04/29)
PlayStation2

商品詳細を見る

以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作品を知るきっかけは何だったのか、いつ気になったのか、
さっぱり覚えてないのですが、気が付いたらPS2に移植されていたので
いつの間にか買ってました。何もかもがゆるゆる。

シナリオは、平凡を絵に描いたようなと言うか、文字にしたと言うか
とにかく、どこにでもあるような恋愛物でした。
簡潔な「あらすじ」にすると、ベタベタになるはず。

そんなシナリオのポテンシャル以上の物を引き出してくれた絵はめちゃくちゃ綺麗で驚いた。
ほとんどない立ち絵の代わりに、目パチ口パクするイベントCG、差分の枚数も半端なく
バトルシーンでもないのに(当たり前)動く動く
背景絵も美しく演出も力が入っているので、視覚的な楽しさが尋常じゃなく
結果的によくある話だと言うのに入り込んで読んでしまった。

同様に「章仕立て」「各章毎に主人公&ヒロイン変更」「視点切り替え」な魅せ方が上手く
そんな視点切り替えにより、各キャラの内面描写が丁寧に描かれていたので
ありきたりなシナリオが印象深くなったと思います。
何より自分的には、キャラ同士のやり取りが楽しかったのがポイント高い。
掛け合いが合わないと、絵がいくらキレイだろうが演出が凄かろうが知るかそんなん(怒)
となってしまう私なので、本当に助かりました。ライターさんありがとう。
おかげさまで、一章から終章まで中だるみなしでずっと面白かった。

強制オートは唯一のストレス製造演出。
ユーザーに「鑑賞させる事」を重点的にしているのは分かるし見所の一つかもしれないけれどゲームは自分の好きなタイミングで好きに進めたい派の私はイライラ。
短い時間ならまだしも長い間、自動的に進むもんだから最初の数分で止めた事が2回もあったし、終盤では「え、ちょ、トイレ行きたいんだけど、なんの操作も出来ないじゃん、いつまであんの、わーアニメーションの火村、イケメン度が下がった~」と物語のクライマックスだと言うのに酷い目にあった(知らんがな)

あと残念だったのは、主人公のボイスがないこと。
鑑賞させるのがコンセプトの一つならボイスありでいいじゃない。
他の章で脇役として登場すると声付きになるんだけど、どうせなら主人公時でも
フルボイスにして欲しかった。
5人の主人公に、それぞれの格好良さがあっただけに本当に残念。
ヒロイン視点にはモノローグまでボイスが付いているくせに!(何気に邪魔だった)
どうでもいいが2章で広野がしゃべった瞬間に噴いてしまった。広野紘が下野紘って 笑

よくあるシナリオなのに(何回言うんだ)退屈させなかったテキストと
ドラマティックに見せてくれたCGと演出が本当に素晴らしかった。
全体的に丁寧に作られているのが伝わって来て心の底から感心しました。

| 全年齢 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT