PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ななついろ★ドロップス Pure!!

ななついろ★ドロップス Pure!!(通常版)ななついろ★ドロップス Pure!!(通常版)
(2007/09/20)
PlayStation2

商品詳細を見る

以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

杉崎和哉氏の出演している作品コンプ。
そんな無謀な目標に一歩近づく為に、追加ヒロインがいてお得なPS2版をチョイスした。
PS2版はキャストが谷山紀章氏に変更されてるんだけど、その辺は暗黙の了解と言うか
いつものアレだ

「★」が付いているめでたいタイトルと、ピンク桃色ワールドが炸裂しそうなパケ絵から
普段なら絶対手に取らない作品なのですが、意外や意外、それなりに楽しめた。びっくり

中身は魔法少女モノっぽいけど、恋愛描写がメインかな。
つか、もろ少女漫画で、見ているこっちがこっ恥ずかしい
ベタベタな展開に臭い台詞、背景なんてふわふわのキッラキラ。恥ずかしさで死ねる
あまりのむず痒さに手汗をかいたり、頬の筋肉が崩れたり壁を殴ったり
プルヴ・ラディな呪文はほんのりサブくて鳥肌が出たり、結構な体力を必要としました。
「恋愛初心者どきどきADV」なので、くっつくまでのあまりのじれったさにT-BOLANを
歌いたくなりますが両想いになってからの、うざったい程Pure My Heartなラブりっぷりには
「うぎゃー耐えられねー」と大いに照れてしまった。糖度高っ!! 

絵師様は大変有名な方なのですが、私はハルヒもシャナも読んだ事がないので
存じ上げず申し訳ない。
パケを見た感じでは好みではないと思ってたけど、実際プレイすると
女の子はロリっぽいが可愛いし、男性キャラも格好良かった。なんか色気がある
そんなに上手いとは思えなかったけど、暖かい絵柄が作品の雰囲気に凄く合っていて
イベントCGも下から上へアングルが移動する魅せ方が上手かった。

残念だったのはメインヒロインのすももが合わなかった事。
全体の半分を占めている共通ルートはすもも中心だし、個別ルートに入ってからの
シナリオの出来・ボリューム・恋愛描写も一人だけ優遇されているので
とにかく、今作はすももが全て。
確かに良い子で頑張り屋さんだけど、ドン臭すぎるしいちいちビービー泣くし
余裕のグーパン対象ヒロイン。
私クラスのヨゴレになるとすももの健気な「私頑張るね!」の連呼に
頑張ってアピール、ウゼーとガムくちゃくちゃしちゃうから!
あと、「きゃっ」「きゃぅ」「はぅ」っていちいち悲鳴がうるせー。何十回言うんだ(怒)
なので、すももが好きになれなかった私には、そのゴリ押し感がウザかったです。
実際、纏まっているメインヒロイン様ルートよりも他ヒロイン達の方が楽しめたので。

いい味を出していたのは脇役陣。
ナツメや松田は言わずもがなだが、クラスメイト達。
出しゃばる事なく、かといって印象が薄い訳でもなく登場のバランスが丁度良かった。

すももとユーリのキャラがアレだけど、一昔前の少女漫画のベタな展開詰め合わせで
女性も楽しめそうな内容だと思いました。

お気に入りヒロインはフローラ、ノナ、撫子。ニヤニヤした。すっごいニヤニヤした。
他は三つ子(特にトウア)とナツメさんと松田。


以下、ネタバレ



■石蕗
よくいる無気力系の主人公かと思いきや、口下手で不器用な奴でした。
鈍感だしルートによっては胸倉を掴みたいぐらいだったけど、
自分の気持ちに気付いてからの行動は積極的なのでびっくりした。
良主人公。

■すもも
メインヒロイン様。
良い子だ。本当に良い子だ。でも無理
さすがにナコちゃんルートは健気だと思ったけど
前述した通り、全体的にはただただウザい娘さんでした。
作品の雰囲気からハッピーヤッピー大団円かと思ってましたが
一捻りあってただのハッピーエンドじゃなかったのは意外性があって良かった。
ただ、二度目の恋が早すぎたような気がするけど。

■撫子
黒髪ロングストレート。
三角関係は楽しいけど、石蕗とナコちゃんってより
すももとナコちゃん話がメインだったので恋愛面では物足りなかった。
ナコちゃんがすももを大事にしている理由が「幼馴染」ってだけでは弱いような気がする。
なんか一つエピソードが欲しい。
両想いになってエンディングではなく、付き合いだしてからの話を最終章マルっと
使ったのは良かった。ニヤニヤしちゃったよ。ナコちゃんかわいい。

■フローラ
PS2版でヒロインに昇格したらしいけど、わかる可愛いもん。
ナコちゃんと話が被っていたけど、これはこれで面白かった。
「うん」の言い方が凄く好きで、声優さん見たらデモベのライカさんだった。
ノナと松田、ナツメとカリン様、それぞれのやり取りが楽しかったです。
フローラ専用のエンディング曲は一番のお気に入り。。
この曲に出会えただけでも、めっけもんでした。

■ユリーシア
うーん…。
彼女が本当は幼女だってことも、石蕗と一度出会っているだろうってことも
早い段階で察しがついてしまうけど、石蕗が気付くのはかなり終盤だもんで
そこに行きつくまでに結構ダレた。
他ヒロイン達と違って5章から個別ルートに入ったので余計に。
あと星のしずくを取る描写が多いので退屈でした。面白くないんだもん。
私にはノナがどんだけ優しい子なのかが分かったルートかな。

■ノナ
プリマ・アスパラスのビジュアルの方が絶対かわいい!!
正統派なツンデレで他ルート時でもいい味を出していたので
最後にまわして本当によかった 笑
惚れ薬がとっくに切れているって展開は誰もが読めるけど、だがそれがいい。
雨の中での口論シーンがお気に入り。
つか、ノナちゃんはPC版ではエロ担当だった?笑

| 全年齢 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT