PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マブラヴ オルタネイティヴ

マブラヴ オルタネイティヴ DVD-ROMマブラヴ オルタネイティヴ DVD-ROM
(2006/02/24)
Windows

商品詳細を見る

以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう1回書いた!(一度記事が消えたらしい)

誰もが知っている名作と呼ばれている1本。
燃えゲーと言えばオルタ、オルタと言えば燃えゲー。そんなイメージ。

うん凄かった。しっかりした世界観や緻密すぎる設定には恐れ入ったし、
動き回る立ち絵や戦闘シーン、何よりAGESシステムには感動。
全体的にクオリティが高く、神作品と言われている理由がよく分かった。
けど、それが自分のツボに入るかどうかはまた別の話で
その凝った設定ゆえの説明の多さと、戦闘シーンが始まるまでのかったるさに
残念ながらそこまで嵌れませんでした。

「燃えゲー」なので戦闘シーンが多いと勝手に思っていたのが悪かったのか
実際は戦闘回数自体は多くなく、仲間たちとの大して面白くないやり取りが続いたり
やっと戦闘か!と思ったらなっがいブリーフィングが始まったり壮絶にまどろっこい。
もうとっとと戦えよと。はよBETA襲って来いよと。
実際に戦闘描写に入るとその演出含めて息を呑む事はあったけれど
そこに至るまでがものすごくダルかった。

また、「マブラヴ」からのお付き合いである207分隊のヒロイン達が見事に空気化しており、
正直、脇キャラ(君がいた季節と君望ヒロイン)の方が魅力的だった。
キャラに入り込めなかった分、終盤のマブラヴヒロイン達の見せ場(散り様)での
力の入った演出が、仰々しく感じて冷めてしまったぐらい。
強制オートは勘弁してくれ…。
冥夜寄りの選択肢を選んだせいもあるかもしれんが私の中では唯一、
彼女だけが存在感があったような気がします。あと夕呼先生な。
ん?メインヒロイン様?そんな子、知らない。

ツボに入らなかった一番の理由としては、主人公の武ちゃんが合わなかったこと。
もうウザい。壮絶ウザい。
調子ノリ期 → ヘタレ期 →(説教される)→ 俺はやるぞ! → 調子ノリ期 → ヘタレ期
これの繰り返し。私がループしているのか?
確かにどん底に落とされた主人公が這い上がる展開は燃えるけれど
何度も何度もやられると、嫌気がさしてしまう。
ある意味、三大ヘタレ主人公・君望の孝之よりもヘタレの印象が強いです。

敵サイドや脇キャラ属性のある自分ですが、振り返ってみると
お気に入りの燃えゲーってどれも主人公が気に入っているので
今更ながら主人公は大事なんだなぁと思いました。

いろいろ書いたけれど、エロゲ初心者の頃から気になっていて長年やりたいと
思い続けていたトップクラスの燃えゲーをプレイ出来て感慨深いです。
私のエロゲ生活が一段落したような感じ。ふぅ。

| 18禁 | | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

++tomaさん++

こんにちは♪
労いのお言葉ありがとうございます!

おーtomaさんもオルタはあんまりツボに入らなかったのですね。
確かにtomaさんのエロゲ10選にオルタが入っていなかったので
燃えゲー好きなのにおかしいな~と思っていたんですよ!笑
よかった、仲間、仲間。

某家族計画とかクラナドさんは、面白くなかったしぶっちゃけなんで名作と呼ばれいてるかいまだ理解できていないのですが(欠陥人間乙)オルタは自分の合う合わないは別にしても、楽しめた所もあったし人気があるのがとてもよく分かった作品なので、それだけでも良かったかなと思ってます。
男同士の友情が好きなので、207分隊が武ちゃん以外は女だけってのも
いまいち嵌れなかった理由だったりしてます 笑
漢成分ギブミー!

間に別の作品で浮気はしたものの(500円あげないとw)
tomaさんの期待を裏切りオルタとまじこいをフルコンプできて安堵してます。
最果てのイマは、本気でワケワカメなのでどうしようかと……orz
フルコンプ出来なくても、私の500円でジュース買ってくれます?笑

ではでは、拍手コメありがとうございましたー!
第2回逃避行動として、DiesAAのBカップ先輩ルートを始めている沙羅でした^^

| 沙羅 | 2013/07/06 13:53 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT