PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

殻ノ少女

殻ノ少女 初回版殻ノ少女 初回版
()
Innocent Grey

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イノグレさんのデビュー作「カルタグラ」が世間の評価に反してもの凄く微妙だったもので
今作も評判の良さに惑わされず大した期待はしていなかったのですが、
ごめんなさい、面白かったです

正直、ミステリィとしてはどこかで見た展開ばかりで真新しさはなく、
むしろあんな作品やこんな作品が脳裏をチラつくぐらい。
事前情報としてなんとなく知っていたけれど、予想以上に「魍魎の匣」すぎてびっくりしました。
冬子と透子なんてまんま加菜子と頼子なので、「え、これ大丈夫なの?パk…」と
無駄に心配してしまいました。
話と関係のない所でユーザーをドキドキさせるんじゃないよ。
マジいろいろ被りすぎ。

また、肝心のTRUE ENDで「つまり、どういうことだってばよ」とポカンとしてしまいましたが、
解釈とか考察とかが苦手なパープーにはお手上げです。
つーか、ネタバレ冬子が「瑠璃の鳥」の絵を描いていた時は事故前なので、その時に描いた絵を事件後に見て、自由になれたんだな的な自己完結をしている主人公に「なに言ってんだ、こいつは」」と、なってしまいすいませんでした。

犯人の心理描写も全く足りておらずシナリオはずば抜けて面白いとは思えなかったけれど、
絵と世界観と雰囲気の良さが天下一品。
しかも、今作は主人公が阿呆ではなかったし(有能でもないが)
何よりメインヒロインの「冬子」がとても魅力的だったので助かりました。
中の人はお世辞にも演技が上手いとは言えないのですが、その棒読み加減と声が
冬子のキャラクターに嵌っていて素晴らしかったと思います。
主人公と冬子の二人のシーンが凄く好きだったので、
もっと二人が惹かれあう過程が欲しかった。

冬子だけでなく他の女性キャラも全体的に落ち着いた美少女ばかりなので
とてもプレイし易かったです。
その分、カルタグラヒロインの和菜のウザさが際立っていたけどな!

いちお鬱ゲーに挙げられてはおりますがメーカー上、全員死んでもおかしくないと思って
プレイしていたので特にダメージは受けなかったです。
逆に生き残ったキャラに「死ななかった!」と、びっくりしましたよ。
あ、「てっきりカルタグラファンへのサービスの為だけに出演していたかと思っていた和菜が片足切断されて匣詰めされた時は」意表を突かれて面白い!と思ったかな。
これも昔「多重人格探偵サイコ」で見たんだが。

俺→己、じっとする→凝とする など見慣れぬ漢字表記が多かったですが
テキスト自体はとても読み易いのでサクサク進むのも嬉しかった。
まぁ「我」と書いて「オレ」と読むキャラにも出会った事があるので
慣れれば大したことないです。

そういや、主題歌「瑠璃の鳥」が流れるデモムービー、ゲーム内のOPムービーとして見れると
勝手に思っていたけど、収録されていなくてガッカリしました。

杉菜デジタル画集のつもりで購入していたけど、長らく積んでいた事を軽く後悔するぐらいは面白かったです。逆に、来年発売予定の「虚ノ少女」を購入してから一気にプレイすれば良かったとも後悔したけど 笑 私の残念な脳だと確実にいろいろ忘れるでしょうから。
なにはともあれ続編が楽しみです。時坂さんにボイスが付くよー!!いやっふぅ!

好きなキャラは冬子、紫、織姫、歩、ステラ。
男性キャラは魚住さんと八木沼さんかな。

| 18禁 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT