PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

羊の方舟

羊の方舟羊の方舟
(2005/08/26)
Windows XP

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


鬱ゲーを探していて「あらすじ」がツボった。

後で気が付いたんだが「シンフォニック=レイン」の西川真音&しろコンビだったわけで、
私自身はシンフォニのシナリオにそう嵌れなかったし、しろ絵もぶっちゃけ好きではないので
あらすじがストライクなだけなのかなぁーと、非常にゆるい気持ちでプレイしてみたのですが、

内容もドストライク

あらすじ殺しじゃなかった。
シナリオもきっちり自分のツボに入りました。

「鬱ゲー」に挙げられており、それに見合う暗めの内容なのですが
終始淡々と進んでいくので、うな垂れるほど気持ちを持っていかれず
そこは少し残念でしたが、それでも読了した後は軽い余韻が残りました。

話に没頭できるという点で選択肢のないノベルゲー形式なのは大正解だと思いましたし
また、一本道の本編は3人の複数視点で順番に描かれているのに
エピローグだけは3種類きちんと用意されているのも珍しいなと。
まぁ、実際は「4種類」で、あとがきを読めば解るが
別々のエピローグが用意されているのにも意味がある」のだけど。

3組の話はどれも読み応えがあって惹き込まれましたが
ずば抜けてウォルシュ編が良かったです。

「七日間」をもっとゆっくり進めて欲しかったり
短編なので物足りない感はあったりしましたが
淡々としているので下手に長いとダレる可能性があるから
結果的には丁度良いボリュームだったのかとも思ったり。
いやでも、もう一声欲しい(どっち)

また、同じ文章が二回も入っていたり誤字の多さとNowLoadingの多さで
一瞬だが現実に引き戻されるのは残念。

低価格で短編なのでお手軽にプレイ出来るし(内容は暗いのでお手軽じゃないが)
あらすじが好みなら読んでも損はしないのではと思いました。多分。

とても面白かったです。大好きだわ、こんな話。

| 全年齢 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT