PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あしたの雪之丞

あしたの雪之丞 DVD specialeditionあしたの雪之丞 DVD specialedition
(2002/06/28)
Windows

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「勝 あしたの雪之丞 2」を、100%楽しむ為にやってみた。

ってことで、ただの前座だったので(1をお好きな方、申し訳ない)
全く期待していなかったのですが、意外と楽しめました。

話は超王道な学園モノ。スポ根じゃなかったのね…orz
11年前に発売されておりますが、作品内のノリはもう一昔前の臭い。嫌いじゃない。

攻略キャラは7人と多かったですが、ムカつくヒロインがいなかったので助かった。
一名様ほどウザい娘がいましたが、他キャラとの絡みが笑えたし
お笑い担当と思えば我慢できました。
ただ、話の流れが全員同じなので、3人目から飽きる、ダレる、眠る。

「雪村君!雪村君はいるか!」「あなたを許さない」

聞き飽きた

確かにムカつくヒロインはいませんでしたが、メインヒロインの「せりな」と裏ヒロインの
「昌子」以外は特に印象に残っていないし、前述したとおりどのルートも同じ展開なので
攻略人数はせめて半分にして欲しかったです。
エンディング数が35もあるのは嫌がらせとしか思えない。

目なしだが超イケメン主人公の雪之丞は暗くてネガティブでいわゆるヘタレ主人公だもんで
たまにイラっとさせられたのですが、メインヒロインのせりなが明朗活発・猪突猛進な
チャッキチャキの江戸っ子娘だったので、バランスは取れていたのではないかと思います。

エチシーンの「アソコアップモード」(読んだそのままのシステム)
必要ないよな?なんなのあれ。

スポ根モノだと勝手に思っていたので、ボクシングシーンが全くなかった事が
非常に残念でしたし、作品内の期間がたった2週間なので
そんな短い期間で惚れた腫れただの騒がれても説得力がなかったのですが
学園モノとして普通に面白かったです。

2が楽しみ。


以下、キャラ別一言(ネタバレ)



■せりな
ピンクの髪の江戸っ子ならぬ鹿島っ子。
明るく元気で見てて気持ちのいいメインヒロイン様でした。
「イカシン、イカシン 怒り心頭」も可愛い。
ただ彼女のルートだと、せりなが落ち込んだり泣くシーンが多いし
派生で昌子ルートに行った時は雪之丞に振られちゃうから可愛そうで可愛そうで。
このルートだと雪之丞がボクシングを止めたままなのが不満。ぶぅ。

■由希
眼鏡っこ。
大人しく癖がない良ヒロインなんだけど、その分地味だったなぁ。
由希には達也のへ想いを貫き通して欲しかったので、
雪之丞になびいた時は残念だった。
まぁ、攻略キャラなんだからしょうがないけど 笑

■妙子
1年ガール。
初登場時に「こいつが攻略キャラじゃありませんよーに」と願ったわ。
それぐらいウザかったけど、せりなとのやり取りが面白かったので
ギャグキャラ担当ってことで 笑 結果的に嫌いじゃないしね、この子。

■早苗
先輩。
ショートカットと髪の色で、最初は怜於奈と区別がつかなかった。
ボーイッシュな女の子は好きだけど、一人称の「ぼく」やめい。

■怜於奈
委員長
勝ち気でしっかりした女の子と思いきや、実は弱いところがチラチラ
…みたいなキャラは好きです。
似た者同士ってことで、惹かれ合う過程も自然だったのでは。
何気に7人中3人が年上ヒロインなんだよね。

■詩織
女教師。
ぶっちゃけ、いちキャラとしては何の魅力も感じなかったんだけど
個別に入ってからのシナリオが一番好きだったりする。
せりなだけではなくて他ヒロイン達が登場するし
仲間で協力して何かするってのに弱いんだよ。
エンディング後はプロボクサーになっていてタイトルマッチ前のプロポーズ。
こういうエピローグはせりなルートで見たかったなー。

■昌子
設定的には1番おいしいし、ある意味メインヒロインなんだけど
なんせ、やっと雪之丞が明るくなってきた時に転校してきて
ウジウジ主人公に戻してしまうので、周を重ねる毎に鬱陶しくなってきちゃったよ。
あと、演技が…。シェリスの中の人だよね、下手だよな。

| 18禁 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT