PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

くらなど

途中で止める事に定評があるプレイメモ。

週末パワーで 藤林姉妹 → 勝平 → 美佐枝 → 智代 まで終わりました。

どのルートも、よくある話で目新しいもんはなかったのですが
お気に入りのキャラだった智代の話が一番しょうもなかった罠。

それでも、上記のヒロイン達は天然でおっとりした電波ちゃんじゃなかったので
イライラする事なく進められました。
つか、特異な口癖がないだけで、この子は良い子や~と好感度が上がる私も
どうかと思うけど 笑

今んとこそれなりに楽しめてます。

以下、ネタバレ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



■藤林姉妹
最後の髪を切った杏には、全く気が付かなかった。
くっそう、双子モノの基本中の基本なのに 笑

三角関係だと、主人公は煮え切らない優柔不断野郎になるのはお約束、
というか、そうじゃないと話が盛り上がらないからねぇ~
と、思いながら進めていたので、岡崎にイラっとする事はなかったです。
春原がただのヘタレじゃなくて、カッコ良かった場面もあり見直した。
椋ENDはなくて良かった。


■勝平
春原じゃないが、いつでも「実は女でした展開」が来てもいいように
心のスタンバイはしてましたが、本当に男性だったんですね 笑
椋には岡崎よりも勝平の方がお似合いだと思います。
あと、グリリバが登場して嬉しかった。好きなトーンv


■美佐枝
主人公、全然関係ねぇーー

「ちょっといい話」って感じ。
もし、ぬこが死ぬ展開とかあったら、わしゃ恐らく泣いていた。
(動物モノにはめっぽう弱い)

願いが叶う光は本筋と関係がありそう。


■智代
主人公、何もやってねぇーーー

不良と優等生の恋は大好物だが、全体的にダサすぎる。
生徒会長ってそんな崇高なもんじゃないし(私の学校ではアホでもなれた)
不良と付き合っているからって学校側が口を出すとか、いつの時代の話だと。
しかも肝心の岡崎が、不良(笑)なんで、常にサブかった。

このルートで一番印象に残ってるいのは、
メインの二人そっちのけで美佐枝さんと猫のシーン。

つか、智代ルートの良さはアフターまでやらないと分からないのかしら…。

| CLANNAD | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT