PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

PARADISE LOST

PARADISE LOST 新装版PARADISE LOST 新装版
(2011/01/28)
Windows

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


燃えゲーを探していて世界観が好みだったのでピンときたのですが
プレミアが付いて買えなかったので「新装版」という形で再販してくれて超嬉しかった。
ちなみに、当時はライターとか気にしていなかったので
正田氏の名前を知ったのはもうちょい後の出来事。

正直、二作目のDiesが神ゲーすぎたので、7年前の作品&正田氏の処女作なのも
あり失礼ながらそこまで期待していなかったのですが、めちゃくちゃ面白かった
プロローグで「――渺(びょう)。――渺(びょう)。――渺(びょう)。」と
風の音がテキストで描写された時に、この先どうなるんだろう…と
少し不安になっちゃってすみませんでした。

シナリオは聖書をベースにしているようで、私には元ネタとか全然解らなかったのですが
舞台が退廃した隔離街という自分好みのダークな世界観だったこともあり
知識がなくてもなんら支障はなかったです。もちろん知っていればより楽しめるでしょうが。
つか、アザゼルさんと聖おにいさんが私の全て 笑

戦闘シーンは演出が弱いのですが、熱い詠唱・燃えるBGMが盛り上げてくれました。
特に中盤の三つ巴戦は今作の見所の一つ。
そして、一番の立役者じゃなかろうか、「ジューダス・ストライフ」の圧倒的な存在感。
Diesの司狼まんまでもあるのですが、彼より品がありアダルトな雰囲気を持ってる感じかな。
ジューダスが絡んだ戦闘はどれもめちゃくちゃ盛り上がったし、中の人の嵌り具合が尋常じゃない。
ルネッサンス山田さん、元からファンでしたが、もっとファンになりました。
また、パラロスユーザーがもれなく叫ぶと言われている「レスト・イン・ピース」を筆頭に
名台詞の宝庫。特にミス・クロスへの言葉(「キミらはアホか?」のやつ)は大笑いしましたよ。

章によって主人公の視点が変わる構成も大好物。
1章が最強の主人公だった為、2章の最弱主人公に切り替わった時に
イライラするかなぁーと思っていたのですが、意外にも2章の方が面白かった罠。
いいじゃないか、ボディチョッパー!
最強には最強の、最弱には最弱の魅力があって、どちらも良かったと思います。
惜しむべきは、そんな二人にボイスが付いてないこと。
再販が決まった当初は主人公を含めたフルボイス化という話が出ていたのですが
大人の事情で無くなったことが心のどん底から残念。
やっぱね、詠唱のあるキャラはボイスがないとダメだと思うのよ。
どうせならもっと時間をかけて作れば良かったものの、神咒の体験版を付けて
旧版プレイ済みのユーザーにも買わせちゃおう商法でも狙っていたのじゃないかと
邪推してしまったぐらい。
実際、体験版がメインでパラロス本編はおまけだった人はいそうですもんね。

グラフィックと演出の貧弱さ、一部キャラが弱かったり逆にもっと出番が欲しかった
サブキャラがいたりと残念なところはありましたが、十分楽しめました。
サタナイル様のことは言うたるなや 
いや確かに、あの絵ではサタナイル様のカリスマ的美貌が伝わってこなかったり
ボイスを聞いた時にはあまりのひどさにずっこけたのですが
途中から無機質な感じがキャラに合っていたかなぁと。

そう思い込むようにしました。

余談ですが、当時から「ゆえに」の使用頻度が高かったのが地味に嬉しかった。
Dies然り神咒然り、正田テキストの「ゆえに」がなんか好き。

| 18禁 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT