PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Vermilion -Bind of Blood-

Vermilion -BIND OF BLOOD- 初回版Vermilion -BIND OF BLOOD- 初回版
(2011/05/27)
Windows

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


神咒の前座、抱き合わせ販売だと、言われたい放題だった作品でしたが(笑)
発売後の評判の良さに購入してみた。

吸血鬼を題材にしたハードボイルドな厨二ゲー。
シナリオは吸血鬼物としてよく出来ており、なかなか面白かった。
ライター自らがラストに納得いってないと反省会を開いてましたが(初回版の小冊子より)
あれはあれで一つの結末としてありだと思う。

登場人物は、男キャラ達が良い味を出していて、ヒロイン勢の印象が薄い(褒)
特にアイザックは、どのルートでも彼が登場した途端に話が面白くなり
最初から最後までブレない姿を見せてくれて最高でした。男の子の憧れバンザイ。

バトルシーンも多く、燃える展開はあったと思うのですが
私自身が熱くなれなかったのが残念。
そのせいか、戦闘中に会話が多すぎるのが気になってしまい入り込めなかった。
自我のない怪物が、会話が終わるまできっちり攻撃を待ってくれるなんて、どんだけだ。
厨二ゲーの戦闘シーンに「会話が多い!」と、突っ込むのはお門違いだと分かっていますし、
いつもなら、そんな一つ一つの台詞にふぉぉー!と一緒に熱くなれるのですが、
今作では「よーしゃべるなぁー」と冷静な目で戦闘を眺めてしまいました。

また文章が硬く、言い回しもくどく感じたので、私には読み難かったです。
特に序盤は、世界背景や専門用語をユーザーに説明する為もあり
視点がころころ変わるので、話がちっとも進まずもどかしかった。

会話の表示方法は吹き出し。
アメコミを意識しているのか知らないが、燃えゲーには合ってないと個人的には思います。
また地の文もあっちこっちに移動するので、ちょっとした眼球運動。
あと、吹き出しだけでなく、絵も作品の雰囲気に合ってないと思いました。
きっと人気絵師様なのに、本当にすみません。
絵自体は嫌いじゃないので、「R.U.R.U.R」と「Imitation Lover」はいつかやります。

話は良いのに、テキストのくどさ、吹き出し、演出、絵が足を引っ張っていたのでは。
少なくとも私はそう思う。みっどないとぶるー!


好きキャラ:アイザック、ニナ

| 18禁 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT