PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

痕 -きずあと- リメイク版(2009年)

痕 -きずあと- 通常版痕 -きずあと- 通常版
(2009/09/18)
Windows

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


名作だと言われているしエロゲーマーならやっときゃならんなと。

う~ん。
確かに面白かったし4姉妹全員が魅力的でしたが、思ってた以上にツボに入らず。
ボリュームの割にはどんどん壮大なお話になっていくので
SF要素が入った時には、そっちに行っちゃうのと若干たじろいだ。
千鶴ルートのBAD ENDは哀しいが綺麗な締め方だし、輪廻転生物も好きなので
それなりに楽めたけれど、終始、淡泊にプレイしていたような気がします。

おかしい…「雫」はおまけ的みたいな扱いで本命はあくまでも「痕」だったのに。
しかも「痕」は雰囲気が自分好みだったし、世間の声もあるので
もっと嵌るかと思ってました。
予想していた以上に気持ちを揺さぶられなかったのでちょっとびっくり。

両作終えてみれば、「雫」のが好きでした。
終わった後の余韻がたまらんかったもの。
やっぱりゲームは実際にプレイせんと分からんもんやな。

でも、肩透かしくらったとか残念だったとかいう気持ちはなくて
今プレイしても十分に面白かったし、話にも引き込まれた。
逆に今となってはありきたりな設定ばかりだと感じてしまいましたが
似てるなぁと私が浮かんだ作品って「痕」の数年後に発売されてるから、
伝奇物ノベルゲーの土台的な作品だと言われているのに納得です。
リアルタイムでやりたかったよ…。

フルボイスなリメイク版は絵が可愛すぎて作品の雰囲気がまろやかになるというか
あまり合ってない印象を受けました。
実際にリメイク版の後にDOS版も続けてやってみましたが、こっちのが全然良かったです。
失敗した。
何よりフルボイスだと声のせいで、とあるキャラの正体がバレバレで泣けた。

ちなみにリメイク版は過去ルートまでプレイして、追加されたメイドルートはやってません。
根拠はないが、メイドルートをやるともっと評価が下がるような気がして。なんとなく。
その代わり、DOS版はコンプリートです。

| 18禁 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT