PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アトラク=ナクア -ATLACH=NACHA-

アトラク=ナクア 廉価版アトラク=ナクア 廉価版
(2000/09/14)
Windows

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


レビューサイトをまわっていると高い確率で目にするタイトルであり
老舗のアリスソフトの中でも評価が高かったので、百合ゲーという
マイナス要素もあったがプレイしてみました。
いちお私の中でエロゲーマーならやっとかないといけない作品の
1本だったってのもあります。超メジャーですし。

いくら高評価でも14年前の作品なので、どうなんだろ?と実は軽い気持ちで
始めたのですが、いやはやめちゃくちゃ面白かったです。
システム面はさすがに時代を感じますが、シナリオ・キャラ・音楽等は全く古臭くない。
平成23年でも通じます。

特に音楽の良さには驚いた。
ディスクを入れないとBGMが流れないのはちと面倒だが、
以前プレイした同システムの別ゲーで、あまりのわずらわしさに後半無音プレイしていた私が
(ボイスもなかったので、マウスのカチカチしか聞こえない静けさ)
今作はディスクレスダメ絶対!と、毎プレイCD-Rを突っ込んだほど。
短編なので曲数はそう多くないけど、最終章での神BGM乱舞には本気で鳥肌が立ちました。
なんだこれ、燃えゲーじゃねぇか!
(後日、私ご用達の燃えゲーwikiを覗くとしっかり挙がっておりました)

何より今作の1番の魅力は主人公の女郎蜘蛛・比良坂初音。
姉様ほどのお方なら人間ごときザシュッとお手軽に贄に出来るのですが
あえて肉体ではなく人の心をじわじわ追い詰め、まさに精神的なクモの巣を張ってる感じ。
本来なら「悪」な立ち位置なんだけど、残酷な美しさだけでなく
可愛いところもあったりして、しっかり萌えられるカリスマ女主人公。

初音姉様ー!贄にしてくださーーい!

好みではない「百合」に関しましては全く大丈夫でした。
元々、百合が苦手とかではなく「女同士の絡みを見ても面白くもくそもない」という
理由で避けておりましたので、楽しめれば問題ないのです。

なのに、最愛CPが和久と奏子ですみません。

姉様と銀の関係や某兄妹もヨダレ出ましたが、「不良少年とお嬢様」の組み合わせはツボなんです。つーか、和久は普通にカッコイイだろ。
そんな訳で「カナコの章」はスーパーニヤニヤタイムでありましたが
その分、この章での姉様の容赦のなさっぷりにさすがの私も、姉様あんまりですわっ!
…どころか惚れ直したのですが(ぶれない姉様)あの胸にシクシク来る痛みが良かったです。
結末も作品の雰囲気を裏切る事のない、これ以上ない締め方でありました。

退廃的でダークな雰囲気、シリアスで背徳感溢れもの哀しい話が好きならオススメです。
知ってる限りのありとあらゆる単語を並べてみたよ。

| 18禁 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT