PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リアライズ -Panorama Luminary-

リアライズ -Panorama Luminary-リアライズ -Panorama Luminary-
(2005/09/15)
PlayStation2

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


バトル物を探していて「自身のエゴを具現化して戦う」という設定に面白そうだなぁと。
見つけたのがギャルゲ超初心者だった頃なので、「雫」や「痕」の高橋&水無月コンビだという事は、実はかなり後で知ったんだけど。

巷では「尻切れとんぼ」「伏線未回収」「週刊少年漫画の打ち切り」などなど
非常に評価が芳しくない作品ですが、ごめん、めっちゃ面白かった

確かに噂通り、どのエンディングを見ても頭にクエスチョンマークが浮かび、頼みのTRUEエンドさえ謎残し&救われない感が漂うので、「エピローグないの?」と消化不良が残る。
それでも「START」を押した瞬間からエンディングを見る直前までが、とにかく面白くてたまらんかったのですよ。
終わりよければ…ではないが「終わり以外がよければすべて良し!」なのです。「良し」じゃねぇ

ただ、コンシューマ移植の際にシナリオが30%程追加されており 、いくつかの謎「三人称ではなく八重の一人称・八重は幽霊」等は、作中で気付き易くなっていたり明確に表現されていたので、多少は助かったかなと。
TRUEの「亮のメール『ありがとう けい』」でも泣きそうになったし
そこまで投げっ放しなエンディングだとも感じませんでした。
それでも、もやもやは残るけどな!

最初はバトル物だと思ってプレイしたけど、戦闘シーン自体はあっさりしたもので
むしろ能力者である少年少女達の内面や精神的描写がメイン。
彼らの主義や主張、時に葛藤しそれでも自分の正義や信念を貫いて…
まさにさまざまな「エゴ」を見せてくれて、読み応えがありました。
そんな登場人物達がとても魅力的で、なかには本気でろくでもない奴がいたりするんだけど
もがきながらも自分の信念を曲げず進む姿に、いつの間にやら好感が持てていたりする。
その分、途中で一切登場しなくったあんなキャラやこんなキャラが
どうなったのか気になってたまらんのだがな。邦博とか。

突っ込み所と言えば、修二、出すぎ出すぎだから
本作の大半が亮と修二、野郎二人の会話シーンばかりで
蛍(亮の彼女)なんて可愛いのに出番少なっ。

「そのとき、亮は正直蛍よりも修二のことが気になっていた」

…なんて地の文や

なぜ俺に力を貸せと言わない?お前がそう言えば、
 たとえ見知らぬ誰かを傷つけるようになったとしてもお前の味方をする

お前の姿を俺はずっと見てたんだぜ
お前が俺に輝きをくれたんだ

…こんな台詞を吐かれたら、腐女子脳を持ち合わせておらぬ私ですら
「ホモ…!?」と突っ込んでしまうじゃない。
何より亮、入浴中(上半身裸のCG付き)に親友の事を考えながら
「修二…」と名前を呟くんじゃないよ。

「女向ゲーム一般」にスレが立つのにも納得してしまった男ゲーでありましたが
私的には腐女子向けを狙ったあざとさ的なもんは感じませんでしたし
男ばかりが目立つ作品はたくさんあるのでマイナス要素ではないです。
突っ込みたかっただけです。
むしろ、二人が出会った回想シーンが1番印象に残りましたし
メールを練習するシーンでも超萌えたので(念の為言っておくが、腐的な萌えではない)
プラス要素であります。
まぁ、いちお「美少女ゲーム」で出してるんだから
修二の役割は「女性キャラ」でも良いのではと、思ってしまったけどね。

世間の評価で長い間手を出しかねていましたが、プレイして良かったと思えた作品でした。
気になる事だらけだけど…。

| 全年齢 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT