PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MinDeaD BlooD ④

「未来への旅立ち」END、終了。

以下、ネタバレ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


セーブを残してたんだけどせっかくなので最初からプレイしました。
序盤は「VAMPIRE HUNTER」と同じ流れなので、途中から沙希が出てきても
当たり前のようにしずるは悠香とくっつくと思ってました。いやマジで
私の知らないところでしずるは「過去への贖罪」ルートを進んでいたのか。

後半は悠香視点で進めるのでどうしても彼女に感情移入してしまうのですが
しずるが沙希を選んでも「ちょ、おま…!」とならなかったのは
「過去への贖罪」を先にプレイしているからなのでしょうね。
ルート規制の威力を知りました。

アニマの正体は普通に分からなかったです。
ただのそっくりさんかと(おい

美奈 → MINA →ANIM 

Σ(゚д゚;)

醍醐の説明で思わず「あぁ~(なるほど)」と声を出してました(実話)
コナン君の推理とかで出てきそうやね。
そんな私なので最後の「入れ替わり」は気持ち良いぐらい騙された。
確かに入れ替わりは最初の方でもあったんだよーー!

「Vampire」が流れる中での戦闘シーンはかっこ良かった。
普通、こういう見せ場は主人公のしずるだと思うのですが
「悠香」っていうのが新鮮でした。
このルートの悠香はヒロインじゃなくて「主人公」。

テロップとED曲「サクラチル」が流れながらの
しずると悠香の電柱背中合わせ会話は2回見た。良い終わりだ…。
そして無性に「過去への贖罪」ルートをプレイしたくなり、またやった。
あぁ、切ない…。

さてと、後は埋まってないシーン・エンディング・スチル埋めです。
エログロ三昧なんだろうな。気合入れないと。

| MinDeaD BlooD/輸血箱 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT