PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Thread Colors~さよならの向こう側~

SIMPLE2000シリーズ Vol.45 THE 恋と涙と、追憶と・・・。 ~スレッドカラーズさよならの向こう側~SIMPLE2000シリーズ Vol.45 THE 恋と涙と、追憶と・・・。 ~スレッドカラーズさよならの向こう側~
(2004/03/18)
PlayStation2

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ブロ友さんの感想を読んでプレイ。
反応ワードは「主人公が記憶喪失」「暗め」「ちょい鬱」。

全体的にほんのり悲しい物語ばかりでしたが、クリア後に暗い気分になったり哀しみに打ちひしがれるまではなく、純粋に「良い話だったなぁ」と思えたシナリオばかりでした。
さすがココロ前向きアドベンチャー

面白かったのは、ルート別に世界観やキャラの設定が全く異なること。
ヒロインによって、現代もの・ホラー系・ファンタジー等、ジャンルがガラっと変わるので、例え最初にクリアした話が合わなくても、どれかしらお気に入りのルートが見つかるのではないかと思います。キャラの性格が変わる事もあるので、慣れるまでは多少の違和感がありましたが、ルート毎に新鮮さがあって飽きが来なかったです。
プロローグからすぐに個別ルートに入れるので、共通部分が少ないのも嬉しかった。

ただ、そこそこ重い設定が合った割には全体的に印象が薄く、コンプして間もないのに
既にうろ覚え状態。決して退屈な話じゃなかったのに不思議。

キャラの私服パターンが何種類もあり日によってちゃんと衣装チェンジしていたり、個別ルートに入るとメッセージウインドウのカーソルが各ヒロインのキーアイテムの絵に変わるなど、細かい所まで気配りが出来ているのには素直に感心してしまいました。
特に私服の豊富さには本当に驚いた。
クリア後のおまけもたっぷりで、番外編の2作はとても気に入ってます。
サブヒロインとはいえ、「攻略キャラと主人公の友人」の話って珍しいよね。

どうしても我慢ならなかったのが、エンディングが飛ばせないこと。
ED曲のフルVer.をグッドエンドで×7回、番外編×2回
さらには「同曲のインストゥルメンタルだけど、コーラスだけついてくるVer.(もちろんフル)」が
バッドエンド×6回、番外編×1回。地獄だ

こんなにエンディング数が多いのにスキップできないのはおかしいと
いろんなボタンを連打してみましたが、やはり飛ばせないようで
私が知らないだけでスキップできる隠しコマンドでもあるのかと疑ったほど。

つか、そんなにこの曲、ごり押ししてんすか?

眠いのにエピローグを見る為に、強制的にED曲を聴かせられるのはある種の拷問でした。
それこそ泣いてやろうかと思いましたよ。
話の内容は忘れてもこの歌だけは、まさに「きっと忘れないよ」だよ、ちくしょー。

| 全年齢 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT