PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ユメミルクスリ

ユメミルクスリ 廉価版ユメミルクスリ 廉価版
(2009/03/19)
Windows

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


田中ロミオ氏の作品を探していたらヒット。
企画がロミオ氏でシナリオは「ユメミルクスリ製作委員会」になっていたので
ライターさんは違う方(複数ライター?)なのでしょうか。

シナリオはいじめやドラッグなど今時の若者達が抱える問題をテーマにした感じで
ぶっちゃけいい歳を過ぎた私には主人公やヒロイン達(あえか除く)が
何をそんなに思い悩んでいるのかよく分からなかった。
というか、私自身が学生の頃に自分の未来が見えない…と考え込んだり悩んだ事がない
お気楽アホ娘だったので(今ですら未来が見えてない)全く共感できないのですよ。
主人公にしても素敵な両親と妹じゃないですか。何を悩んでいるのだお前は。
血の繋がりなんてあってないようなものだと思うけど。

あえかルートが頭一つ抜き出ていて他2ルートはいまいち。
そんなあえかルートはいじめがテーマなので腹が立って腹が立ってしょうがなかったのですが
ちょっとしたカウンター展開があったのでこのシナリオだけは非情に面白かった。

今作は「鬱ゲー」に挙げられていますが、鬱になることはなかったです。
ガツンと落として欲しかったので残念。

主人公やヒロイン達よりも妹・エロゲイ・両親の脇役陣が魅力的で
彼らのおかげで途中で投げずにコンプ出来たという感じです。
ある意味、アントワネットとジンガイのバカップルも目が離せなかったけど。


■お気に入りキャラ
エロゲイ、綾

今作で1番面白かったのは主人公とエロゲイ先輩のエロゲ談義でした。
今作で1番残念だったのは綾が非攻略キャラだったことでした。

| 18禁 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT