PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Bullet Butlers

Bullet Butlers 初回限定版Bullet Butlers 初回限定版
(2007/07/27)
Windows

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


同ライター&絵師の「あやかしびと」が吐くほど面白かったので迷わずプレイ。

システムは超快適。「天使ノ二挺拳銃」の後にプレイしたから
快適に感じたのではなく、本当に使いやすかった。
スキップは早くバックログでボイスリピート設定あり。
何より未読部分までワンクリックで飛ばせるジャンプ機能は非情に便利。
マジ便利。

キャストはそこらのアニメよりも凄いんじゃねぇかってぐらいのラインナップ。
まさか18禁ゲーで赤い彗星の声を聞くなんて思ってもいませんでした。
各キャラがグッドボイスで発する「algiz」はそれぞれ集めて着メロにしたいぐらい。
特にギュスターヴがお気に入りなんですが。知らんがな
好きな音楽は「Knght」Eight Heroes」「Berserker」「Dragon」「God and Giant」
「Banshee」やはりバトルシーンで流れるBGMは気に入ってしまいます。
ボイス曲だと挿入歌の「Enemy Within」。
特にイントロ部分がお気に入り。って、ボイス曲なのにイントロかい。

日常パートは非情に楽しく、戦闘パートでは熱くなれる。
サブキャラでも誰かしらのルートで見せ場があり、何より漢祭りで
主人公視点だけでなくヒロイン・敵キャラ等、他視点で進むシーンもある。
そしてセーブタイトルの遊び心と、前作の「あやかしびと」で好感を抱いていた所が
変わっていなかったのが嬉しい限りでした。

最初から最後までとても面白かったのですが
やはりリックはセルマの執事だし、あの共通ルートの流れで
他ヒロインに入るのは若干の違和感が生まれました。
あと、最終ルートで「ノーライフキングが復活する」と信じて疑わなかったので
肩透かしを食らった感も。
他にももっと広がるだろうと思っていた小道具や設定があっさりと
流されたままだったのは残念でした。
どうしても比較対照が前作になってしまうので申し訳ないのですが
笑い、泣き、燃え、「あやかしびと」の圧勝だと思います。

それでも久しぶりにプレイしながら終わりたくないと思ったほど
のめり込んでしまった作品でした。めりっさ楽しかった!



<好きなキャラ>
漢:ベイル、アルフレッド、アッシュ
女:セルマ、ヴァレリア、エルネスタ

アルフレッドはハマった!冷静沈着なところも善悪の判断がつかない
虚無なところもエロボイスもとにかく好き。


<好きなシーン>※ネタバレ

ヴァレリアルート
 ・リックvsギュスターヴ 懺悔室→ドンパチの流れ
 ・アルフレッドvsギュスターヴ →兄弟の共闘 →兄さんの死
 ・ベイルとルダで執事ノ二挺拳銃
雪ルート
 ・雪END 魔銃戦争仲間4人の会話
 ・ガラEND
セルマルート
 ・屋上でのシドとアルフレッド(OP曲の流れる場面)
 ・シドの最期
 ・リックvsベイル
 ・リックvsアルフレッド
 ・煉獄でのシドとアルフレッドの主従の誓い

| 18禁 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT