PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MARIONETTE~糸使い~

MARIONETTE~糸使い~ DVD EditionMARIONETTE~糸使い~ DVD Edition
(2008/06/25)
Windows

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


氷河流氏が主人公且つフルボイスなので購入。
それ以外の理由などない。

主人公ゲー。そしてグリリバゲー。
とにかく主人公が格好良い。それが全て。
ヒロイン達ですらただの脇役端役。

男性向けゲームだとエチシーンになった途端に無口になる主人公が多いですが
この作品ではこれでもかってぐらいしゃべってくれます。中の人のファンにはたまらん。
ただ、エチシーンがほぼ同じパターンだしア○ル率高いし無駄に長いしで
かなりダレました。ほとんど飛ばしてすみません。

システムは糞。糞以下。なんというファッキンシステム。
とにかく落ちる。ばしばし落ちる。何かの嫌がらせかってぐらい落ちる。
最初はイライラしていたのですが、あまりにも頻繁に落ちるので
いつの間にか無表情で淡々と流れ作業のように再ロードしてました。
唯一おもしろかったバトルシーンで落ちたときは怒りを通り越して笑ってしまうぐらいです。
エラーが出て完全に落ちるまでに数秒の余裕があるのでそのわずかな隙に素早く
セーブをして再起動 → ロードといういらぬ技まで身に付けるほど。
それぐらい頻繁に強制終了しました。
セーブが間に合わずやり直しさせられる時のイライラったらありゃしませんが。

スキップも遅く既読なし。
音声は異様に小さくてグリリバボイスを堪能するにはイヤフォン必須。
それでも若干小さいです。

「前の章に戻る」「前の選択肢に戻る」「前のシーンに戻る」
と、異様に「前」に対してのお気遣いがあるのですが、
そんなもんいらんから次の選択肢に飛ぶ機能をつけてくれ。
ただでさえくり返しプレイをしないとTRUE ENDに進めず
スローリーな早送りでイライラさせられたというのに。
第一部なんて9割が共通ルートなんだぜ…。泣

目新しいシステムといえば「半脱ぎモード」。
これはもうそのままですが、有効にするとエチシーンが全裸から半脱ぎになります。
んが、ほとんど飛ばしたのであんまり意味がなかったです。

あと元はネット小説だそうで、テキストに若干癖がありました。
そして名前呼びすぎ。2人しかいないのに「○○」「なぁ○○」「いいか○○」
すごく気になった。そういうプレイだったらすみません。

裏パッケージにも書かれてますが、主人公がよく口にする
「そんなことをお前が言う権利はない。俺は、俺のやりたいことをするだけだ」
は、まさに名言ですね。「排泄を許可する」は迷言か?笑

主人公・バトルシーン・BGM・ボイスなど所々良かったですが
ダルいエチシーンとシステムが足を引っ張っている作品でした。


好きキャラ:広樹、茜

| 18禁 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT