PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

車輪の国、悠久の少年少女

車輪の国、悠久の少年少女 通常版車輪の国、悠久の少年少女 通常版
(2007/01/26)
Windows

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なんかもう今さらって感じですが、「車輪の国、向日葵の少女」のファンディスクです。
とっつぁんの過去編である法月編、各ヒロインとのアフターストーリー4編、
そして外伝の「南雲えり編」、さらに全て終わらせると登場する「OMAKE」で
構成されてます。

法月編は長くもなく短くもなくちょうど良いボリューム。
結末がすでに分かっているシナリオは個人的には本編よりも好きでした。
特に阿久津がカッコ良くて、タンクトップで男前な主人公に出会ったのは
ヒイロ・ユイ以来です。惚れた。
欲を言えば阿久津から「法月」になってからの三郎との闘いを見たかったですね。
むしろそこを期待していたので、とっつぁんの語りだけで終わらせるのは勿体無い。

演出面は本編と同様に神がかっていてBGMや章タイトルを出すタイミングは絶妙
毎回、演出で泣かされていると言っても過言ではないです。
が、唯一文句があるのはエンディング曲。
良い曲だとは思うんだけど、曲調が全く合ってない。
阿久津が ネタバレ拳を握りしめ天を仰いでいる悲痛な」場面で
場違いなイントロが流れだしたので、感動が薄らいでしまいました。
柄にもなく切なさに打ち拉がれていたんですけどあのイントロでぶち壊された(泣)

そしてヒロイン編、物凄くつまらない。眠くてたるくてダレます。
特にさち・璃々子はきつかった。他2人も似たり寄ったりなんだけど
気が遠くなりかけた時に仲間たちが登場するからそれで多少は助かったかなと。
ヒロインとのいちゃラブはファンディスクならではの醍醐味だとは思うけど
この尺を法月編にあててくれた方が嬉しかったです。

南雲エリ編は個人的には 本編のネタバレ本編登場数分で射殺されたインパクト大賞」だけで
十分だったので、どうでもいいや。
外伝は面白かったです。ああいうノリは大好き。

| 18禁 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT