2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニトロばっか。

■アニメ・ファントムの放送日程が出てた。
一ヶ月も前に。

テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知。

そんだけ?

もうちょっと南にも来て。九州的な。
泣いていいかしら…。


ニトロ10周年記念ページが。
10のプロジェクトの中でも気になるのがちらほら。

・新作 村正(仮)
楽しみー♪
ただ、ライターさんが刃鳴散らすと同じ方なんですよね。
またあのくどい剣術描写があると思うと遠い目になってしまいそうです。

・10周年記念本(仮)
これは素直に欲しい。恐らく買う。

・ボーカルベスト(仮)
これ、買う。きっと。確実に。

・Live
めっちゃ行きたい。ライヴ苦手で出不精の私が本気で行きたいと思ったぐらい。
でもきっと東京。無理。県内なら一人でも行ったはず。多分。


アフパラ復活
わーい♪わーい♪
…なんて書いてますがwebで聴いたことないです(笑)
でも、CD-ROM化されたvol.4は持ってます!
出張版のゲストが先割れスプーン氏だったのでつい。
私としてはグリリバゲストの回のCD-ROM化を首を長くして待ってます。

0回と1回どっちもとても面白かったです。(小3の感想)

アフロプラスパラダイス10みにっつ
スポンサーサイト

| ■雑記 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

DDFF ④

ストーリーモードの「究極の幻想へ」。
Lv85のスコールでは歯が立たないのでクラウドで出陣。

Lv92のウォーリア様に一撃も浴びせられない…

3分も保ちません。
なんだあの強さ。つか、私が弱いのか。
BGMがほんわかしていてなんとなくムカつく。

なんかもうここまで来たらLv100とか関係ないですね。
あとはプレイヤーの腕次第ですわ。
ってことで、一ミリたりとも勝てる気がしないので
ディシディアFFはこれにて終了。

ストーリーモードのシナリオは期待していた割にはつまらなかったけれど
アクションゲームなので良しとします。
しかし、歴代FF主人公&ラスボスの夢の競演ということで
キャラ同士の掛け合いは非常に楽しかったです。
デュエルコロシアムでひたすら戦うのもおもしろかった。
対戦相手として苦手なのはクジャ・たまねぎ剣士・ティーダ。
何度泣かされたことか…。

| | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

DDFF ③

主人公10人のストーリーモードを終え
新たに出現した「Shade Impulse」もクラウドでクリア。
とにかくボスよりもザコピースに苦労した。
最後の方は無視してカオス戦に挑んでやったね!
さすがにLv85ぐらいあったので楽に倒せました。
なのにザコピースには勝てない…。

エンディングを観て、デュエルコロシアムで少し遊んだら
クラウドがLv100になったのでそれで満足したんだけど、
クリア後にさらにストーリーモードの追加があると知ったので
久しぶりに電源を入れてみました。

シャントット編。(つか、11を未プレイなので誰?みたいな)
スコール(Lv14)で挑んだらフルボッコされました。
瞬殺ってああいうのを言うんだろうね…(遠い目)

レベル上げついでにスコールのストーリーモードを100%にして
再チャレンジ。ガブラス編まで終えてみればLv87。
調子にのって最後の「究極の幻想へ」に進んでみたら
ザコピースがオールLv90代。

勝てるかぁ!

| | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゼロ

今さらですが「Fate/Zero 」の小説を買いました。
久しぶりにミステリー小説でも読むかとブック○フにふらりと入ったら
普通に「日本人作家」の「う」の行に1巻から3巻が並んでいたのでギャー!と即買い。
中古なのでもちろん半額♪半額♪
その後、4巻を密林でポチっとしときました。
いつか買おうとは思っていたけど4冊で5千円超えちゃうから
なかなか手が伸びなかったんですよね。(どんだけ貧乏)
ラッキーだった。グッ

そして1巻、読了。
先にドラマCDを聴いちゃってるので話の流れは知っていたんだけど
やはりキャラの心理描写が詳しく描かれているので新鮮に楽しめました。
特に雁夜と龍之介のターンがお気に入り。
ウェイバー君&ライダーサイドは癒し要素。
自然にドラマCDの声で脳内変換されちゃいますね。

桜が救われないこともセイバーがどうなるかも分かっているのにワクワクが止まらない。
虚淵氏が描く「手加減抜きのバッドエンド」。
楽しみ過ぎるじゃないか。

| ■雑記 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月光のカルネヴァーレ

月光のカルネヴァーレ月光のカルネヴァーレ
(2007/01/26)
Windows

商品詳細を見る


以下、感想

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≫ Read More

| 18禁 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。